乳酸菌とビフィズス菌の違い ビフィズス菌にはどんな効果があるの?



 乳酸菌サプリおすすめ最新ランキング123〜効果口コミで徹底比較




乳酸菌とビフィズス菌の違い ビフィズス菌にはどんな効果があるの?



乳酸菌ビフィズス菌

いずれも腸内に存在する

細菌の一種であり、

人間の健康維持に役立つ善玉菌です。


乳酸菌とビフィズス菌の違い ビフィズス菌にはどんな効果があるの?


善玉菌には、腸内環境を整えて

悪玉菌など有害な菌の増殖を

抑制する働きがあり、

感染症やアレルギーだけでなく

生活習慣病の予防も期待されています。




乳酸菌・ビフィズス菌は

ヨーグルトや乳酸菌飲料等の食品に含まれ、

お腹の調子を整えるとされているため、

同種のものだと

考えている人も多いでしょう。





しかし、乳酸菌とビフィズス菌は

似たような働きをするものの

明確に異なる性質を持っており、

生物学上は別種である
とされています。







乳酸菌とビフィズス菌は形が違う



まず乳酸菌とビフィズス菌は

形状が異なります



乳酸菌は棒状や球状であるのに対し

ビフィズス菌は棒状の他に

環境によって

V字型やY字型に分岐します。





次に、乳酸菌が主に作り出すのは

乳酸ですが、


ビフィズス菌は乳酸の他に

酢酸を作り出すことができ、

より腸内が酸性になるよう

pH値を良い方に変える作用が
あります。







人間の腸内の健康を維持するビフィズス菌



また、最も特筆すべき点として、

乳酸菌は腸内だけでなく

乳製品や発酵食品の中にも

棲息できる細菌です。



一方、ビフィズス菌は

酸素を嫌うため

人間や動物の腸内に多く棲息しています。





ビフィズス菌は、人間の腸内に棲む

善玉菌のなかで最も多く、

その数は1兆から10兆個とされ、

乳酸菌の100倍から1万倍に

上ると言われています。



つまり、ビフィズス菌が

人間の腸内の健康を維持するのに

最も適していることを

意味しているといえるでしょう。



ビフィズス菌は

母乳から赤ちゃんの腸内に届けられて

大量に増殖します。



そして、幼い頃から

人間の健康を守っている

大切な菌なのです。



しかしビフィズス菌は

酸素に弱いだけでなく

強い酸にも弱いため、

体内で胃酸や胆汁など強い酸によって

死滅する可能性が
あり、


食品から摂取しようとしても

無事に大腸まで届かないのです。


そのため、食品の中には

大腸まで届くよう

工夫されているものもあります。





このように、乳酸菌とビフィズス菌は

よく似た性質を持つものですが、

ビフィズス菌は

より人間の腸内の健康維持に

重要な働きをしている
とも

考えられるでしょう。