乳酸菌の副作用 摂りすぎると体に悪影響は出てしまうの?



 乳酸菌サプリおすすめ最新ランキング123〜効果口コミで徹底比較




乳酸菌の副作用 摂りすぎると体に悪影響は出てしまうの?



乳酸菌は、健康に役立つ善玉菌として

とても有名な菌の一つです。

乳酸菌の副作用 摂りすぎると体に悪影響は出てしまうの?

では、乳酸菌に

どのような効果があるのかというと、

やはり一番よく聞くのは

腸内の環境を整え、

便秘や下痢などの症状を

改善するということではないでしょうか。





なぜ乳酸菌に、

そのような効果があるのかというと、

大腸菌などの悪玉菌が増えるのを

阻止する働きがある
からです。





下痢などのおなかのトラブルは、

腸内の悪玉菌が増えることで

起こってきます。



これを、乳酸菌を増やすことで

悪玉菌を制御し、

腸内の健康を保つ
ことができるのです。





また、便を排出するには

腸の蠕動運動が必要不可欠です。



しかし、悪玉菌が増えると

腸の動きもだんだんと悪くなってきます。





善玉菌を増やすと

腸の蠕動運動もよくなってきますので、

便秘の改善にも役にたつといえるのです。







乳酸菌は摂りすぎても副作用はない!!



ただ、いくら乳酸菌が

良いものだからと言って、


取り過ぎてしまうと

副作用が心配だと考える方も

多いのではないでしょうか。





しかし、乳酸菌は

摂り過ぎても副作用も悪影響も

ない
と言われています。



乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどに

たくさん含まれているのですが、

一日何個も食べてしまっても

体に悪影響が出るということは

特に起こりません。





なぜなら、必要ない乳酸菌は

そのまま体外に

排出されてしまうから
です。





したがって、たくさんヨーグルトを

食べたからと言って、

早く効果が出るということもありません








下痢などが続く場合は摂取量を控えましょう



ただ、乳酸菌の副作用ではないですが、

もともと腸の働きが良い方が

乳酸菌を過剰に摂取すると、

より蠕動運動が活発になり、

便の回数が増える可能性はあります




この場合は、乳酸菌の摂取量を

少し控え、様子を見たほうが

いいかも
しれません。


乳酸菌の副作用 摂りすぎると体に悪影響は出てしまうの?


善玉菌は、年齢を重ねると

減ってきてしまいますので、

年齢を重ねた人ほど

毎日きちんと摂取したほうが

良い
ものです。





乳酸菌には、コレステロール値を

下げるという効果も期待されるので、

ヨーグルトなどが苦手という方は

サプリメントなどで

補うとよいでしょう。