動物性乳酸菌と植物性乳酸菌 効果の違いとそれぞれの特徴は



 乳酸菌サプリおすすめ最新ランキング123〜効果口コミで徹底比較




動物性乳酸菌と植物性乳酸菌 効果の違いとそれぞれの特徴は


動物性乳酸菌と植物性乳酸菌 効果の違いとそれぞれの特徴は
乳酸菌には大きく分けて、

動物性乳酸菌と

植物性乳酸菌
があります。





乳酸菌というと、

ヨーグルトや乳製品を頭に浮かべますが、

これらは動物性乳酸菌に属しています。







動物性乳酸菌の特徴



動物性乳酸菌の特徴は、

とにかくおいしく、

食べやすい
ということです。


動物性乳酸菌の特徴


また、私たちの料理に

使いやすいということも

動物性乳酸菌のポイントです。



チーズや牛乳は、

そのままでもおいしいですし、

ピザやグラタン、シチューなどを

つくるときに欠かせないものです。





そんな動物性乳酸菌ですが、

デメリットとしては

胃酸に弱く、生きたまま

腸にたどりつくことが

できないということが
あります。



ただ、最近では

熱に強い動物性乳酸菌も

開発されてきているので、

いちがいに、熱に弱いとは

いえなくなってきています。







植物性乳酸菌の特徴



植物性乳酸菌は、

漬け物や味噌・醤油などに

含まれている乳酸菌です。



植物性乳酸菌は、

アルカリや酸に強く、

温度変化にも適応できるのが特徴
です。





ですので、植物性乳酸菌は

人の体にはいっても、

胃酸とか胆汁などに負けずに

腸までたどり着ける確率が高く

腸内環境の活性化に

好影響を与えて
くれます。



便通をよくしてくれるだけでなく

持続的にとることで

免疫力をアップすることができます。





植物性乳酸菌は、

私たちの和食に多く含まれています。



ですから、体調が悪いとか、

すぐに風邪をひいたり、

病気ばかりしているという人は、

和食中心の食事に

変えてみるというのも1つの方法
です。







動物性乳酸菌・植物性乳酸菌をバランスよく摂りましょう



そもそも私たちの腸内には

善玉菌と悪玉菌と

日和見菌という3種類の菌がいます。



このバランスによって、

腸内環境がきまってきます。





なるべく善玉菌が

優位になるようにしておくことが重要
で、

それには乳酸菌をとることが

ポイントになってきます。


動物性乳酸菌と植物性乳酸菌 効果の違いとそれぞれの特徴は


ですので、動物性乳酸菌だけとか、

植物性乳酸菌だけでいいと

いうことではないのです。



両方の乳酸菌をしっかり摂り、

さらには、酵素も摂取することで、

より善玉菌が優位になっていきます。



いろいろな食材を

バランスをとっていくことにいって

腸の状態もよくなっていくのです。