乳酸菌とは 種類で違う乳酸菌の効果



 乳酸菌サプリおすすめ最新ランキング123〜効果口コミで徹底比較




乳酸菌とは 種類で違う乳酸菌の効果


乳酸菌とは 種類で違う乳酸菌の効果
乳酸菌が体に対して

良い働きをすることは知られています。



ですが、じつは種類や株ごとに

乳酸菌の効果が

大きく変わってくる
ことは

あまり知られていません。







L.カゼイ・シロタ株



まず最も馴染み深いものの一つが、

L.カゼイ・シロタ株です。



健康飲料でもお馴染みの

L.カゼイ・シロタ株は

通常の株よりも丈夫で

消化液に強い
ことが知られています。





多くの乳酸菌は

胃液や胆汁に弱いので、

腸内に届く前に

死滅してしまうこともあります。



しかし、このL.カゼイ・シロタ株は

胃液や胆汁などの消化液にも強く、

酸素がなくても生きていける

通気嫌気性菌。



ですので、腸内にしっかり届いて

善玉菌を増やす働き
をしています。



プロバイオティクスの代表格の

株と言えるでしょう。







LG21乳酸菌



また、日本人に多い胃の病気に対して

良い効果を期待できる種類が

LG21乳酸菌です。



このLG21乳酸菌は

日本人の3人に1人が持っているという

ピロリ菌の活性化を

抑える働きがある
ことが知られています。





そのためLG21乳酸菌を

定期的に摂取し続けることで、

胃炎などの病気の予防ができ

ナチュラルにケアできるのです





このように、LG21乳酸菌は

腸だけではなく

胃の健康もサポートするということで

注目されている乳酸菌
です。







R1乳酸菌



一時社会現象とも言えるブームとなり、

商品が品薄になった種類が

1073 R1乳酸菌です。


R1乳酸菌


この「1073 R1乳酸菌」の効果は

免疫力のアップです。



インフルエンザなどに

掛かりにくくなるとして

注目を集めた1073 R1乳酸菌は、

体内で免疫力を司る

ナチュラルキラー細胞の効果を

高めることがわかっています。





そのため、1073 R1乳酸菌を

続けて摂取することで

免疫力をアップして

インフルエンザや風邪に負けない抵抗力を

身につけることができるのです。






このように、一口に乳酸菌といっても

株ごとに個性があり

得意な分野が変わってくるのです。



あなたがどのような目的で

乳酸菌を摂取したいのかを考えた上で

最適な乳酸菌を摂取するのがおすすめ
です。





ヨーグルトとして

毎日の食卓で食べる他に、

乳酸菌サプリメントを利用することで、

消化液に負けずに

確実に安定して体内に

乳酸菌を届けることができます。