1日にどのくらいの乳酸菌を摂取すれば効果が実感できるの?



 乳酸菌サプリおすすめ最新ランキング123〜効果口コミで徹底比較




1日にどのくらいの乳酸菌を摂取すれば効果が実感できるの?


1日にどのくらいの乳酸菌を摂取すれば効果が実感できるの?
乳酸菌は、お腹の環境を良くしたり

免疫力の向上、

アレルギーや花粉症の発症を抑えるなど、

様々な効果があります。





では、1日にどのくらいの

乳酸菌を摂取すれば

効果が期待できるのでしょうか。







重要なのは乳酸菌の「数」



ヨーグルトなど、パッケージに

1日の摂取量の目安が書いてあるものは

それを基準に摂取すると良い
でしょう。





しかし、重要なのは

食べた量ではなく、

その食品に含まれている

乳酸菌の数
だと言われています。



1日の理想的な摂取量は、

胃酸などで死んでしまった

乳酸菌の場合で

一兆個必要だという説もあります。





平均的なヨーグルト450MLを

1パック食べても

40億~60億程度の

乳酸菌の摂取しかできません。





ですので、効果を実感するためには

ヨーグルトを何パックも

食べなくてはならないのです。



この方法は現実的ではありません。



もし食べることができたとしても

ヨーグルトに含まれる脂肪分など

他の成分の摂りすぎで

身体に悪影響を与えることにも

なりかねません。







食後に乳酸菌を摂ることが効果的!



ヨーグルトの場合、

1日に200MLの摂取が推奨
されています。



食後など空腹時を避けて食べ、

乳酸菌が胃酸などの影響を

なるべく受けないようにすること


生きたままの乳酸菌が

腸に届く可能性が上がります。





また、腸内に生息できる

細菌の数は決まっています。



腸まで生きて届いた乳酸菌も

寿命が短いため、

一日一度まとめて食べるのではなく

朝晩に分散するなどして

食べた方が効率が良い
のです。





毎日継続して

一定量を摂取することによって、

たとえ理想の摂取量でなくとも

お腹の中の悪玉菌の増殖を

抑えることは可能です。





2週間ほど続けてみて、

お腹の調子や体調を観察してみる
と、

自分にあっていたものなのか

量が適切だったかどうかの

確認になります。


1日にどのくらいの乳酸菌を摂取すれば効果が実感できるの?


まずは毎日一定量の乳酸菌を

摂ってみるところから初めてみましょう。





また、乳酸菌はヨーグルト以外にも

味噌やしょうゆ、納豆などの

発酵食品にも含まれています。



いろんな食品を

バランスよく食べることで、

自然と必要な乳酸菌量を

摂ることができるようになるでしょう。