乳酸菌とビオフェルミンの違い



 乳酸菌サプリおすすめ最新ランキング123〜効果口コミで徹底比較




乳酸菌とビオフェルミンの違い



おなかの調子を整えて

免疫力を高めるには、

乳酸菌をたくさん摂って

腸内に生息している善玉菌を

増やすことが良い
と言われています。


乳酸菌とビオフェルミンの違い


そこで、乳酸菌のサプリメントなどを

探してみると、

ビオフェルミンという

薬が出てきます。





乳酸菌とビオフェルミン。

この2つの違いは

どこにあるのでしょうか?







ビオフェルミンは医薬品に分類されるものがある



ビオフェルミンとは、

さまざまな種類の乳酸菌を

用いて作られています。



ビオフェルミンには、

医薬品に指定されている物と

医薬部外品が
あります。




医薬部外品のビオフェルミンは、

下痢や便秘を解消するのに

役立てることもありますが、


善玉菌を増やして

腸内の環境を安定させることが

主な目的です。





ビオフェルミンには

錠剤と顆粒のタイプがあり、

摂取したビオフェルミンの乳酸菌が

大腸や小腸にとどまって

乳酸や酢酸を増やし、

悪玉菌の増殖を抑えてくれます。





医薬品のビオフェルミンは

痛みを伴う下痢や

食あたりなどが起きた時に

利用されている薬です。



医薬品のビオフェルミンは、

他にも痛みを和らげて

胃の粘膜を保護する

生薬などの成分が配合されています。





便秘薬として利用される

ビオフェルミンには、

乳酸菌と便通を促す成分などが

配合されていて、

便秘とそれによって出てくる

症状の緩和に使われています。





また、胃の痛みやもたれ、胸やけ、

食欲不振などに使用されるタイプの

ビオフェルミンもあります。







ビオフェルミンは薬!病院で処方されることも



ビオフェルミンは

乳酸菌を摂取するための

サプリと言うよりも

薬として用いられる
ので、

年齢によって用法や用量が異なります。





ビオフェルミンは

病院や薬局などで

処方されることもあるので、

正しい方法で利用しましょう。







乳酸菌とビオフェルミン 症状に合わせて選びましょう



乳酸菌は、

乳酸を作り出す菌の総称で、

ビオフェルミンは

ビフィズス菌や乳酸菌などを用いた薬


いった違いがあります。



善玉菌を増やして

腸内の環境を整えたいのか、

下痢や便秘などの

症状を改善したいのかによって、


ビオフェルミンを摂るべきか

乳酸菌サプリを摂るべきかは

変わってきます。





ドラッグストアなどで購入する際には、

用法を確認してから購入しましょう。