乳酸菌の摂り方のコツ どのタイミングで摂れば効果が分かる?



 乳酸菌サプリおすすめ最新ランキング123〜効果口コミで徹底比較




乳酸菌の摂り方のコツ どのタイミングで摂れば効果が分かる?



健康に対するキーワードにおいて

腸内フローラが注目されています。


乳酸菌の摂り方のコツ どのタイミングで摂れば効果が分かる?


腸内フローラとは

腸内には善玉菌・悪玉菌の

両方の細菌類合わせて

兆単位の細菌類が住む環境を意味します。



そして、それらの細菌が出す酵素を

うまくコントロールすることによって

体に良い影響を与えるためのものです。





悪玉菌の中にも

ビタミンを作り出すものがあるため

その菌だけを出来るだけ残しつつ、

善玉菌の量を増やすことが

健康に良い
のです。







乳酸菌は摂るタイミングを間違うと効果が半減する



善玉菌の量を増やすために

必要とされているのが

腸内細菌の活動を助ける乳酸菌
です。



乳酸菌は自然界に存在する

微生物の一つで

味噌や醤油など発酵食品や

牛乳と混ぜて発酵させた

ヨーグルトに含まれます。





その乳酸菌は

腸内フローラにいる、

体にとってのよい菌の餌となり

善玉菌の数を増やす助け
となります。



善玉菌が出す酵素は

代謝を促進し

脂肪の燃焼や病原菌の抑制といった

様々な効果を体に与えることになります。





しかし、乳酸菌は

胃や腸が分泌する強い酸に弱く、

その摂取するタイミングを間違えると

その効果を発揮することが

なくなって
しまいます。



全く効果が無くなるわけではないですが

乳酸菌の効果は半減することになり

正確な摂り方知っておく必要があります。







乳酸菌は食後すぐに摂るのがベスト



乳酸菌の正確な摂り方は、

まず、乳酸菌は酸に弱いため、

酸が最も分泌されることになる

空腹時に食べてしまっては

効果が半減して
しまいます。





そこで、乳酸菌を摂る

最適なタイミングは

食事をとった直後
です。


乳酸菌は食後すぐに摂るのがベスト


食後、間もない時に乳酸菌を摂ると

胃や腸の酸は、

食べた物のために使われるため

分泌量が少なくなります。



その分泌量が少なくなった段階で

乳酸菌を摂取することで、

胃腸の酸で減ってしまう量も少なくなり

腸内に届きやすく
なります。





このように、食後にすぐ

乳酸菌を摂るのが

最も良いタイミングです。







乳酸菌サプリは酸に強い!



最近は、ヨーグルトが苦手な人のために、

乳酸菌を詰め込んだ

乳酸菌サプリメントがでています。





サプリメントで乳酸菌を摂る場合、

サプリメントのカプセルが

胃腸の酸の影響を半減させるため

どのタイミングでとっても

効果が得られます




ただし、サプリで乳酸菌を摂取する場合

摂取量を守らないと

下痢などの症状が出ることもあるので、

摂取量を守って正しく摂取しましょう。